十貫瀬

意味

  1. じっかんじ

解説

那覇市の崇元寺から見栄橋の間あたりにあった昔の地名です。

むかしむかし、ある人が岩の上に十貫のお金を置き忘れてしまったが、数年後に来てみると岩の上にそのまま十貫が残っていた。以来、その岩は十貫瀬と呼ばれるようになり、崇元寺橋から見栄橋までの通りは「十貫瀬の前(ジッカンジヌメー)」と呼ばれていたそうです。

また戦前は、十貫瀬社交街という一種の売春街があった場所。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 首里
    琉球王国時代の首都であった...
  • 宜野湾市
    沖縄にある宜野湾市の方言名...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る