ハブガイ(はぶがい)

ハブガイ

意味

  1. アンボイナガイ

解説

10?15cmのイモガイ科の巻き貝。
猛毒をもち、刺されると死ぬこともあり、実際に死亡例もあります。
刺されると急に体の自由がきかなくなり、しびれや吐き気・めまいを起こし意識がなくなり倒れます。
潮干狩りでも見かける事があり、絶対に触らないように。

万が一さされた場合は、毒を口で吸い出して助けを求めて病院に行ってください。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • なまこ
    なまこの総称で使います。 ...
  • ハブクラゲ
    刺胞動物門ハブクラゲ科立方...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る