ティンプラ(てぃんぷら)

または:フクミン 

ティンプラ

意味

  1. 天ぷら
  2. 天婦羅

解説

沖縄の天ぷらは衣に卵をいれて、衣がぽってりとして分厚いのが特徴です。
材料にも下味をつけているので、天つゆなしでそのまま食べます。
時間がたっても意外に美味しいく、おやつ感覚で食べる事が多いです。

種類は様々ですが、魚天ぷらとイカ天プラははずせません。
衣が厚いため、買った際この2つの天ぷらが混ざると見分けが難しいです。

まぐろの沖縄風天ぷらの作り方
http://recipe.ajima.jp/recipe/?rid=84

タネごと!ゴーヤー天ぷらレシピ
http://recipe.ajima.jp/recipe/?rid=48
関連用語
アギムン  サーターアンダギー 
耳にする度
使用頻度4

沖縄県民なら殆どの人が知ってる方言。沖縄では方言を使う方がスムーズかも。

カテゴリ

品詞

離島の方言

宮古方言:
パンビン

同じカテゴリの沖縄方言

  • 煎じたものの事
    滋養強壮や薬用として、効果...
  • ゆしどうふ
    にがりを入れて固まりはじめ...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る