ヒージャー(ひーじゃー)

または:フィージャー  ベーベー 

ヒージャー

意味

  1. 山羊
  2. ヤギ

解説

「ひげのある動物」という意味がある「ヒージャー」
今は白いヒージャーが一般的ですが、島ヒージャーと呼ばれる古くからのヒージャーは小柄で色付きなのが特徴です。

沖縄でヤギは「刺身」「やぎ汁」などのヒージャー料理が親しまれています。
栄養価が高く精がつき、薬効があるといわれる料理です。でも高血圧の人は少し控えめにした方がよいです。

お祝い等にもヒージャー料理はよく出てきます。

ベーベーは幼児語で使います。

山羊の刺身
http://recipe.ajima.jp/recipe/?rid=115

山羊汁
http://recipe.ajima.jp/recipe/?rid=112

チーイリチャー(山羊の血の炒め物)
http://recipe.ajima.jp/recipe/?rid=114
耳にする度
使用頻度4

沖縄県民なら殆どの人が知ってる方言。沖縄では方言を使う方がスムーズかも。

カテゴリ

品詞

離島の方言

宮古方言:
ピンザ

同じカテゴリの沖縄方言

  • 沖縄在来の黒豚
    『アグー』は一時期、絶滅し...
  • ガジュマルなど年数を経た木に住んでいるといわれている妖怪
    人間っぽい妖怪です。 よく...
  • 鳴き声(擬声語)が方言の由...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る