若さる間肌愛さ 年ぬいけー肝愛さ

読み方

  1. ワカサルエーカハダガナサ トゥシヌイケーチムガナサ

解説

【訳】若い間は肌の愛しさ、年がいけば心の愛しさ

若い時は肌で愛しあい、年をとれば心で愛しあうという夫婦の例え。
年を取って体が衰えても、心で愛しあうという理想的な夫婦像を教えています。

カテゴリ

同じカテゴリの沖縄方言

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る