ポーポー(ぽーぽー)

意味

  1. 小麦粉の薄皮で油味噌をクルクル巻いた料理

解説

漢字で書くと「炮炮」。中国の影響を受けているといわれる昔ながらのおやつです。
似たお菓子に「チンビン」があり、そちらは皮が黒糖で甘く味付けしてあり油味噌(アンダーンス)は入りません。
「ポーポー」も「チンビン」も、元々は旧暦五月四日、五日に子供の健康を祈って作る行事料理でした。
最近は普通のおやつとして食べられており、油味噌の代わりにアイスを巻いた「ポーポーアイス」もあるとか。
関連用語
ヒラヤーチー  アンダーンス 
耳にする度
使用頻度3

日常生活でたまに耳にしたりする事がある位の方言。沖縄方言に詳しい人は普通に使います。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 豚足を煮込んだ料理
    沖縄ではテビチ料理は、広く...
  • お菓子
    琉球王朝時代には160種類もの...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る