イユウヤー(いゆうやー)

意味

  1. 魚売り
  2. 魚を売り歩く人

解説

魚売りが多かったのが糸満の女性。
夫などがとった魚を、那覇の首里まで売り歩いていたそうです。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 写真は帆を掛けたサバニ。 ...
  • 舟に溜まった水を汲み出す道具
    サバニなどで漁に出かける際...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る