ガーラダマ(がーらだま)

意味

  1. 勾玉

解説

水晶の玉を数珠のように糸で連ねたもので、琉球では神女の祭具として用いられた。
ノロ以上の神女が首にはいた。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 焼き物
    戦後の沖縄の陶器は、釉薬(...
  • 青空に映える赤瓦は、もはや...
  • 獅子像
    魔除けとして利用されます。 ...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る