七日の節供(七日の節供)

または:七日節句 

意味

  1. 七草粥を食べる日

解説

沖縄の身近な野草(フーチバーや大根の葉など)でお粥をつくり、仏壇や火の神(ヒヌカン)に供えてから頂きます。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 精霊送り
    お盆の最終日に行われる精霊...
  • いしがんとう
    石敢當などの文字が刻まれた...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る