ウェーク(うぇーく)

または:イェーク 

ウェーク

意味

解説

サバニを漕いだり、かじ取りするときに用いるもの。

柄より潮をかく方へは、直線ではなく少し曲がっている。潮をかく部分の中央は三角状で、その裏は丸みを帯びている。
三角にする事で、丈夫で余計な力が抑えられるようになっている。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

宮古方言:
イザク
八重山方言:
ヤクー

同じカテゴリの沖縄方言

  • 写真は帆を掛けたサバニ。 ...
  • 釣り糸や仕掛けを巻く道具
    漁で使う道具の1つ。

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る