ガンシナ(がんしな)

ガンシナ

意味

  1. 女性が荷物を頭に乗せて運ぶ時に使う輪型の敷物

解説

主に稲わらを丸めて作るります。
荷物の安定と頭の保護をするための道具。

今では殆ど見かけなくはなりましたが。

お盆などでは、ガンシナの上に果物等をのせて仏壇にそえたりします。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 団扇
    昔から沖縄では、くばの葉を...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る