ターイユ(たーいゆ)

ターイユ

意味

  1. フナ

解説

フナ全般の総称。
ターイユシンジ(フナの煎じ汁)などで病人の養生料理として食べたりします。
あまり美味しくはないそうです。

写真はギンブナ
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 新鮮な魚
    イマ(今)イユ(魚)でとれ...
  • にがうり
    沖縄の食材といえば、ゴーヤ...
  • からし菜の塩漬け
    シマナー(からし菜)を塩漬...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る