チンスコー

または:ちんすこう 

チンスコー

意味

  1. 沖縄風クッキー

解説

ラードを煮て溶かし、砂糖・小麦粉を混ぜ合わせたものを、型にいれて焼いたお菓子。
琉球王府時代に中国から伝わった焼き菓子のひとつ。昔は丸い形だったそうですが、戦後米軍のクッキー型を利用して食べやすい形にしたところ人気が出たとか。
県民にとても親しまれているお菓子で、お土産としても人気です。

今は、チョコをまともったものや、紅芋、雪塩などいろんな味のちんすこうが売られています。
耳にする度
使用頻度5

沖縄で標準語を殆ど耳にしない方言。もしかしたら標準語を知らない沖縄県民もいるかも!?

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • お菓子
    琉球王朝時代には160種類もの...
  • 月桃やクバの葉に包んだ餅のこと
    沖縄で餅とえば、ムーチーと...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る