ヤマユーナ(やまゆーな)

または:タッピー 

ヤマユーナ

意味

  1. アカメガシワ

解説

トウダイグサ科の落葉高木。
幹は15mにも達する。

食物をのせてカシワの葉と同じように使われた事が名前の由来とされている。

生葉や実、乾燥させた樹皮は薬用として用いられる。
[薬効]頭瘡のかゆみ、消化不良、胃潰瘍、胃癌
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

宮古方言:
アカタッピャギ
八重山方言:
カサイキ
奄美方言:
ウバギ

同じカテゴリの沖縄方言

  • さとうきび
    収穫時期は1月?3月頃。 沖縄...
  • シマヤマヒハツ
    トウダイグサ科の植物。 高...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る