クルビラー(くるびらー)

または:クルビカー 

意味

  1. アマミスズメダイ
  2. クロスズメダイ
  3. クロメガネスズメダイ

解説

スズメダイ科の魚。

■アマミスズメダイ
色は全体的に黒っぽく、尾鰭の付け根辺りが少し白いのが特徴。体長は約15cm程度になります。
岩礁の底で群れをなして遊泳するが多いです。
から揚げや煮つけにして食べる事がおおく、産卵期の子持ちは特に美味しいです。
魚市場などで見かけるスズメダイはこの種が多いです。

■クロスズメダイ
幼魚と成魚で色が変わります。
幼魚は白い体に尾鰭あたりが黄色いのですが、成魚は体全体が濃い紺色になります。
浅い礁地内で見かける事が多いです。


■クロメガネスズメダイ
体は淡い青の体に、腹面あたりが黄色くなっています。背鰭の後方に目立つ黒色の班があるのが特徴です。
成魚で8cm程度と小さいお魚です。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

宮古方言:
ブウジャ
八重山方言:
フガユ

同じカテゴリの沖縄方言

  • ウツボ
    ウツボ科の総称。 肉食性で...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る