トゥイヌフィサー(とぅいぬふぃさー)

または:チャンチャクナー 

トゥイヌフィサー

意味

  1. オニタビラコ

解説

キク科オニタビラコ属
見た目はタンポポににているかわいい花をつけます。
道端でよく見かける雑草ですが、食べることができ、腫れものや皮膚病にも効果があるといわれてます。
鳥の足ににてることからトゥイヌ(鳥)フィサー(足)とついたようです。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

宮古方言:
ビキフクナー
八重山方言:
タンブクフサ
奄美方言:
ブスクサ

同じカテゴリの沖縄方言

  • インドヨメナ
    キク科の多年生草本。 高さ...
  • ホウライチク
    タケ科。オキナワタケともい...
  • ソウシジュ
    マメ科の常緑高木。 幹や葉...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る