ハママーチ(はままーち)

または:インチングサ  ハママツ 

ハママーチ

意味

  1. リュウキュウヨモギ

解説

キク科の多年草。高さは20cm〜50cm程度。
地上をはい、葉が細かい事が方言の由来。

主に薬草として重宝され、解熱、利尿、咳どめ等に効果があるとされてます。

写真は糸満産の乾燥したハママーチ。市場でも売っています。
耳にする度
使用頻度3

日常生活でたまに耳にしたりする事がある位の方言。沖縄方言に詳しい人は普通に使います。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 夜光貝 ヤコウガイ
    リュウテンサザエ科の大型巻...
  • 稲 イネ
    沖縄では3月頃に植えて、6?7...
  • シマヤマヒハツ
    トウダイグサ科の植物。 高...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る