イシャナカシグサ(いしゃなかしぐさ)

意味

  1. コヘンルーダ

解説

ミカン科の多年草。

直訳は「医者泣かせ草」になり、薬草として非常にすぐれた効能をもつとされています。
煎じて飲むと、解毒、風邪、神経痛、リューマチに効果があると言われています。

また全草を薬用酒として漬け込む事もできます。
耳にする度
使用頻度1

全く耳にしない方言。おじーおばーなら通じるかも!?

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • アダヌ
    タコノキ科の常緑小高木 。海...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る