ミンジャイグサ(みんじゃいぐさ)

意味

  1. ゆきのした

解説

湿った岩場などに自生する多年草。

天ぷらでなどで食べる事ができ、薬草としても利用価値が高い植物です。
薬効は咳止め、ひきつけ、耳だれ、はしか等に効果があるとされています。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • タブノキ
    クスノキ科の常緑大高木。 ...
  • ヒメユズリハ
    トウダイクサ科の植物。 葉...
  • シチトウイ
    カヤツリグサ科の多年生草本...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る