ニーナシカンダ(にーなしかんだ)

または:ニーナシカンジャ  ソーミングサ  ミナ 

ニーナシカンダ

意味

  1. スナヅル
  2. イトスナヅル
  3. シマネナシカズラ

解説

クスノキ科の寄生蔓草の総称。
海岸でよく見られ、根も葉もなく蔦だけが這う姿が独特です。
日本では沖縄諸島(伊是名島・久米島)に分布。
写真は、シマネナシカズラより細いアメリカネナシカズラです。(葉っぱの上にそうめんのように這っているのがこの植物です)
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

八重山方言:
ニーナシカッチヤ
奄美方言:
ニーナシカジラ

同じカテゴリの沖縄方言

  • アカテツ
    アカテツ科の常緑高木。 防...
  • ヤブツバキ
    ツバキ科の常緑小高木。 高...
  • イヌマキ
    イヌマキ科の常緑高木。高さ...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る