シーサアマサー(しーさあまさー)

または:メーハジャー  メーハジチャー 

シーサアマサー

意味

  1. カタバミ

解説

カタバミ科の多年生草本。
薬用として痔や皮膚病・淋病に効果があるとされています。

沖縄の各地で自生していますが、どちらかといえば南アメリカ原産で帰化したムラサキカタバミが多い気がします。
関連用語
ヤファタ 
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

宮古方言:
ミャーツキ
八重山方言:
ソーミナーフサ
奄美方言:
ニャーズィキ

同じカテゴリの沖縄方言

  • オオバイヌビワ
    クワ科の植物。 高さは10m以...
  • 数は多くないですが、沖縄で...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る