カーンナ(かーんな)

意味

  1. カワニナ

解説

カワニナ科の巻貝。
川や田にいる淡水貝でよく見かける貝。

昔は解熱薬として煎じて利用する事もあった。
寄生虫がいるので、食べる際には必ず加熱する必要がある。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 貝の総称です。 ケーは二枚...
  • シャコ貝
    シャコガイ科の総称。沖縄で...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る