チャーギムサ(ちゃーぎむさ)

意味

  1. キオビエダシャク

解説

シャクガ科の蛾。
イヌマキの害虫として知られ、方言の由来になります。「
大発生し、大きな被害をもたらす事もある。
関連用語
チャーギ 
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 蜂の総称。 沖縄にはなんと3...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る