リンガン(りんがん)

意味

  1. リュウガン

解説

ムクロジ科の常緑中高木。
沖縄では庭園果樹として植栽される。

材の質もよく、建築材などでも人気。
果肉は根は煎じて服用すれば、薬草としても利用できる。
薬効は滋養強壮、貧血、不眠症、淋病など
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

奄美方言:
リューガン

同じカテゴリの沖縄方言

  • ムラサキカタバミ
    南アメリカ原産のカタバミ科...
  • タイワンハチジョウナ
    キク科の一年草。 道端など...
  • アダヌ
    タコノキ科の常緑小高木 。海...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る