アミフィーバナ(あみふぃーばな)

アミフィーバナ

意味

  1. グンバイヒルガオ

解説

ヒルガオ科の植物。
主に海岸近くで生育する。
花を摘むと雨が降るとう迷信があり、それが方言の由来。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • シマグワ
    くわ科の野草。 海岸ちかく...
  • アコウ
    クワ科の高木。高さは20mに...
  • ツルムラサキ
    ツル性の多年草。 雑草とし...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る