イツニンキ(いつにんき)

または:カナキ 

意味

  1. アマミヒトツバハギ

解説

トウダイグサ科の落葉性低木。
海岸付近の岩の上によく生育し、ヤギが好んで食べるとされる植物です。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

宮古方言:
ピンザヌマズィヌズィ

同じカテゴリの沖縄方言

  • セイヨウタンポポ
    キク科の多年生草本。 路地...
  • クロヨナ
    マメ科の中高木。 海岸近く...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る