チシャナバー(ちしゃなばー)

チシャナバー

意味

  1. かきチシャ

解説

「掻きチシャ」という名前で、奈良時代から栽培されていたそうです。
少し苦味があり、生食にはあまり向いてません。
味噌汁やチャンプルーで食べると美味しいです。

市場では、たまに見かける野菜です。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • キャベツ
    沖縄では炒め物のいわゆる「...
  • ごぼう
    沖縄ではごぼうを使った料理...
  • パパイア
    パパイア科に属する。 沖縄...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る