イーチョーバー(いーちょーばー)

または:ウイチョー 

イーチョーバー

意味

  1. ウイキョウ

解説

セリ科の多年生草本。
ハーブの一種で沖縄では茎葉を食用にし多くの地域で栽培されています。
薬用としても胃や呼吸器系に良いと言われてます。
お魚との相性が特によい香草。

お魚のイチョーバー(香草)煮
http://recipe.ajima.jp/recipe/?rid=223

イーチョーバーとツナのヒラヤーチー レシピ
http://recipe.ajima.jp/recipe/?rid=189
耳にする度
使用頻度3

日常生活でたまに耳にしたりする事がある位の方言。沖縄方言に詳しい人は普通に使います。

カテゴリ

品詞

離島の方言

八重山方言:
ニーズンキョー

同じカテゴリの沖縄方言

  • 夜光貝 ヤコウガイ
    リュウテンサザエ科の大型巻...
  • ヤブツバキ
    ツバキ科の常緑小高木。 高...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る