手登根(手登根)

意味

  1. てどこん

解説

南城市佐敷にある地名です。
または人名。人名の場合は「テトネ」と読む場合も。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 首里
    琉球王国時代の首都であった...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る