ガラサーマミ(がらさーまみ)

または:ガラサマミ 

ガラサーマミ

意味

  1. スズメノエンドウ
  2. カラスノエンドウ
  3. ヤハズエンドウ
  4. カスマグサ

解説

マメ科の1?2年生草本。道端などでもよく見かける雑草です。
和名は小さいものがスズメノエンドウ、大きいものがカラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)、中間サイズがカスマグサとそれぞれ名がついていますが、方言ではどれもガラサー(カラス)マミ(豆)です。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

奄美方言:
イラマミ

同じカテゴリの沖縄方言

  • コメツブウマゴヤシ
    マメ科の2年生草本。 道端...
  • 稲 イネ
    沖縄では3月頃に植えて、6?7...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る