アミフイバナ(あみふいばな)

または:アヤカンダ 

アミフイバナ

意味

  1. ノアサガオ
  2. 野朝顔

解説

ヒルガオ科のつる性多年草。
花は春から夏にかけてが最盛期。
アサガオに似てるが、アサガオの原種ではない。

こちらで詳しく紹介しています。
http://100.ajima.jp/nature/of-land-plant/flower/e277.html
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

宮古方言:
アミフゥアスバナ
八重山方言:
アミフォーシャーカザ
奄美方言:
アムィフリバナ

同じカテゴリの沖縄方言

  • 寒緋桜
    沖縄でサクラと言えば「寒緋...
  • イジュ
    ツバキ科の常緑高木。 高さ...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る