タブ(たぶ)

または:ハサーギ 

タブ

意味

  1. タブノキ

解説

クスノキ科の常緑大高木。
樹皮はタンニンの原料となり、染め物に利用される。
材も硬く家具などで利用される。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

宮古方言:
コウーギ

同じカテゴリの沖縄方言

  • ボタンボウフウ
    セリ科の多年草。 葉は肉厚...
  • アワダン
    ミカン科の常緑小高木。 高...
  • タイワンハチジョウナ
    キク科の一年草。 道端など...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る