ハマシタン(はましたん)

または:ハマフォー 

意味

  1. ミズガンピ

解説

ミソハギ科の常緑低木。海岸の隆起サンゴ礁上に群生をつくる。
材は細工物は置物の加工品としても利用される。
葉は少し酸味があるが、食べる事もできます。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

宮古方言:
プウキ
八重山方言:
ポーニキ

同じカテゴリの沖縄方言

  • アダヌ
    タコノキ科の常緑小高木 。海...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る