カシマサン(かしまさん)

または:カシマシイ 

カシマサン

意味

  1. うるさい
  2. 邪魔
  3. やかましい
  4. うっとうしい
  5. 面倒くさい
  6. わずらわしい

解説

共通語の「かしましい」と同じく「うるさい」「やかましい」といった意味もありますが、どちらかといえばつきまとわれて鬱陶しい時、面倒くさい時つい口にする言葉。

本来のウチナーグチは「カシマサン」で、過去形は「カシマサタン」否定形は「カシマシコーネーン」と活用します。
現代では共通語と混ざって「カシマシイ」も同じ感覚でつかいます。

邪魔でどこかに行ってほしい時に「カシマシイ!」や「カシマシサヨ(邪魔な事よ!)」といって追い払ったり、わりと年配から若い層までよく使っている方言です。

沖縄の芸人さんのツッコミで使用頻度が高い…ような気がします。
耳にする度
使用頻度4

沖縄県民なら殆どの人が知ってる方言。沖縄では方言を使う方がスムーズかも。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 愛おしい
    カナサンドー (愛してるよ...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る