カリーサビラ(かりーさびら)

または:カリー 

意味

  1. 乾杯
  2. カンパイ

解説

少人数の飲み会などではあまり使わないですが、大人数の会では「カリーサビラ!」を見かけます。
ただ結婚式・他多くの場合「カンパイ」の方が沖縄でも一般的。
耳にする度
使用頻度4

沖縄県民なら殆どの人が知ってる方言。沖縄では方言を使う方がスムーズかも。

カテゴリ

同じカテゴリの沖縄方言

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る