哀れどぅ素性

読み方

  1. アワリドゥスジョー

解説

【訳】哀れこそ素性

苦労をばねに乗り越えれば必ず道は開けるという意。

辛いことや苦しいこと(哀れ)は苦労を重ねる事によってできる人間性(素性)により、やがて成功するという教えです。
苦労してる人への励ましの言葉に使われます。

似たような日本のことわざ

苦労屈託身の薬
若い時の苦労は買ってでもせよ

カテゴリ

同じカテゴリの沖縄方言

  • いちゃりばちょーでぇー
    続けて、「何隔(ヌーフィダ...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る