ハイムルブシ(はいむるぶし)

意味

  1. 南十字星を中心とした南に群れている星

解説

南十字星といえば、沖縄の最南端の有人島 波照間での天体観測でキレイに見える事で有名です。
関連用語
ミチブシ  ムリカブシ 
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る