スーマンボースー(小満芒種)(すーまんぼーすー(小満芒種))

または:スーマンボウス  ナガアミ 

意味

  1. 梅雨

解説

沖縄の梅雨は5月の始めあたりから、6月の後半位までが一般的です。

二十四節気の「小満(スーマン)」から「芒種(ボースー)」の時期である事から由来。
関連用語
アミムユーシ  スーマン  ボースー 
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 旧暦1月2日に行われる豊漁祈願祭
    旧暦の1月2日(もしくは3...
  • 四季
    沖縄には本土ほど、四季はあ...

沖縄方言クイズを読み込み中...
潮カレンダー