ミヤラビ(みやらび)

意味

  1. 少女
  2. 乙女

解説

小さい女の子ではなくティーンエージャーのイメージです。

月ぬ美しゃ 十日三日 女童美しゃ 十七ツ
(つきぬかいしゃ とぅかみっか みやらびかいしゃ とおななつ)
〈月が最も美しいのは一三夜 乙女が最も美しいのは17歳〉

と歌にもありますし。(八重山民謡「月ぬ美しゃ」)
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 複数形になると「イキガンチ...
  • お母さん
    沖縄方言で「母」をさす言葉...

沖縄方言クイズを読み込み中...
潮カレンダー