トゥクルアチサ(とぅくるあちさ)

意味

  1. 処暑

解説

二十四節気の一つ。

日本時間の新暦8月23日頃
※年によって変動するがあります。

暑さがピークを終え、やわらいでくる頃。稲が実りはじめる。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

同じカテゴリの沖縄方言

  • 夏の到来を告げる季節風
    六月末の梅雨明けの頃、南〜...
  • 雨水
    二十四節気の一つ。 日本...

沖縄方言クイズを読み込み中...
潮カレンダー