クスヌチ(くすぬち)

クスヌチ

意味

  1. クスノキ

解説

クスノキ科の常緑高木。暖地に自生する。
葉をもむと独特の芳香がある。

葉や樹皮からは防虫剤の原料がとれます。
また薬草としても重宝され、葉を煎じて服用する事で腹痛、利尿、リュウマチ、強心剤に効果があるとされています。

写真はクスノキの木とその新芽。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

奄美方言:
クス

同じカテゴリの沖縄方言

  • インドヨメナ
    キク科の多年生草本。 高さ...
  • タブノキ
    クスノキ科の常緑大高木。 ...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...

オススメ

  1. 首里整骨院
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る