シーワーギ(しーわーぎ)

または:ンマヌタニーギー 

意味

  1. サキシマウオウノキ

解説

アオギリ科の常緑大高木。
5?15mに達し、海岸地帯やマングローブ林の近くで見かけることが多い。
樹皮は染料になり、薬用にも利用される事がある。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

八重山方言:
ダイミョーキ
奄美方言:
ハマグルミ

同じカテゴリの沖縄方言

  • ススキ
    イネ科の多年草草本。 沖縄...
  • モッコク
    ツバキ科の常緑高木。高さは...
  • シマヤマヒハツ
    トウダイグサ科の植物。 高...

沖縄方言クイズを読み込み中...
潮カレンダー