カニブ(かにぶ)

または:ヤマブドー 

意味

  1. エビヅル

解説

ブドウ科の蔓性植物。
別名リュウキュウガネブ

果実は直径5mm程度で黒褐色に熟すると食べる事ができ、甘味もある。
主に果実酒などにするのが一般的。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

宮古方言:
カニウギ
八重山方言:
カニフンナー
奄美方言:
カニィブ

同じカテゴリの沖縄方言

  • オオハマボウ
    アオイ科の常緑小高木。 防...
  • ナンバンカラムシ
    高さ1?2mになる多年草。 ...
  • フクギ
    オトギリソウ科の常緑高木。 ...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る