カースヌイ(かーすぬい)

カースヌイ

意味

  1. シマチスジノリ

解説

紅藻類チスジノリ科の淡水藻。見た目はスヌイ(モズク)に似ている。
沖縄本島とマリアナ諸島に分布するが、沖縄では数カ所にしか生息していない絶滅危惧類。

那覇市の識名園内にある育徳泉(いくとくせん)という井戸が生息地として有名です。
関連用語
スヌイ  カー(井泉) 
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • モズク
    沖縄では、酢の物、味噌汁、...
  • クビレヅタ
    「海ぶどう」という名で親し...
  • ヒトエグサ
    海藻の一種。沖縄ではアーサ...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る