カジマヤーグワー(かじまやーぐわー)

カジマヤーグワー

意味

  1. ニチニチソウ

解説

キョウトクトウ科の1年草。

全草を乾燥させ、薬草としても利用できます。
薬効は高血圧、糖尿病、白血病、肺がん、皮膚がん等によいとされています。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • アデク
    フトモモ科の常緑小高木。山...
  • ギンランイヌビワ
    クワ科の植物。 葉は家畜の...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る