ボーフー(ぼーふー)

または:ハマグンボー 

意味

  1. ハマボウフウ

解説

セリ科の多年生草本。
若葉は刺身のつまとして、食べる事もでき、根を乾燥させたものは、解熱・鎮痛薬などに用いられる。
耳にする度
使用頻度1

全く耳にしない方言。おじーおばーなら通じるかも!?

カテゴリ

品詞

離島の方言

八重山方言:
ウスヌサクナ
奄美方言:
ハマキリ

同じカテゴリの沖縄方言

  • モクビャッコウ
    キク科の小低木で、高さは30c...
  • ランタナ
    クマツヅラ科の低木。 南米...
  • ヒハツモドキ
    コショウ科の蔓性木質植物。 ...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...

オススメ

  1. 首里整骨院
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る