ハニアファー(はにあふぁー)

または:ハネノイユ 

ハニアファー

意味

  1. ミノカサゴ

解説

ミノカサゴ類の総称。
背びれや胸ビレに毒があり、刺されるとひどく痛む。お湯につけると、少し痛みを和らげる事ができます。

沖縄以南にすむミノカサゴは、ハナミノカサゴ、ネッタイミノカサゴ、キリンミノなど

※写真はハナミノカサゴ
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • メガネモチノウオ
    ベラ科の魚で全長はベラ類の...
  • タカサゴ
    タカサゴ科のお魚。 沖縄の...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...

オススメ

  1. 琉球キャピタル
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る