ウチナージラ(うちなーじら)

ウチナージラ

意味

  1. 沖縄らしい濃い顔

解説

一言でいえばガレッジセールのゴリさんのような顔のこと。

一般的にウチナーンチュ(沖縄人)は、男女とも顔の濃い人が多く、特に濃い顔がウチナージラと呼ばれます。

ウチナージラには彫りが深い、だんご鼻、キーマー(毛深い)、まつげも長い、ジーグルー(日焼けの程度に関わらず元々肌が浅黒い)などの特徴があり、ちょっとシーサーに似ている人も多い…と筆者は思います。

沖縄顔といっても、もちろん全県民が沖縄顔なわけはなく、とっても薄いナイチャージラー(内地っぽい顔)の沖縄人も一定数います。
関連用語
ウチナー  ナイチャー  ウチナーンチュ 
耳にする度
使用頻度3

日常生活でたまに耳にしたりする事がある位の方言。沖縄方言に詳しい人は普通に使います。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • お父さん
    昔はスーは平民、ターリーは...
  • 写真はカワイイ赤ちゃんの拳です
  • 男性が彼女の意で「イナグ」...

オススメ記事


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る