ウーピンギ(うーぴんぎ)

または:オプシキ  アカバナヒルギ 

ウーピンギ

意味

  1. オヒルギ

解説

ヒルギ科の常緑高木。
材は硬く建築用に向いていて、樹皮はタンニンを多く含んでおり薬用や染料に用いる。

詳しくはこちらで紹介しています。
http://100.ajima.jp/nature/of-land-plant/trees/e204.html
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

宮古方言:
インギー
八重山方言:
ピニキ ビギピニキ
奄美方言:
ヒロギ

同じカテゴリの沖縄方言

  • サキシマハマボウ
    アオイ科の常緑高木。海岸に...
  • ソウシジュ
    マメ科の常緑高木。 幹や葉...
  • マンリョウ
    ヤブコウジ科の常緑低木で山...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...

オススメ

  1. 首里整骨院
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る