チサヌチ(ちさぬち)

または:ヌクヂリバー 

チサヌチ

意味

  1. チシャノキ

解説

ムラサキ科の落葉高木。
高さは10m〜20mになる。
白色の花を6〜8月頃につける。実は黒色に熟する。

葉がカキノキの葉に似るので、カキノキダマシの別名があります。

防風林が街路樹、庭木などでよく見かけます。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

奄美方言:
チシャヌキ

同じカテゴリの沖縄方言

  • クロツグ
    ヤシ科の常緑低木。高さは3...
  • ナンバンカラムシ
    高さ1?2mになる多年草。 ...
  • ヤブツバキ
    ツバキ科の常緑小高木。 高...

沖縄方言クイズを読み込み中...
潮カレンダー